「しろくまちゃほっとけーき」(わかやまけん作 こぐま社)

 1970年から出版が始まった「こぐまちゃん絵本シリーズ」は全15冊発行されました。
日本の子どもたちがはじめてであう絵本をコンセプトに日本の色にこだわり6色が使用さ
れています。また、こぐまちゃんのフォルムも日本の伝統工芸のこけしをモデルにしてい
るとのこと。幼い子どもに一番人気のくまのぬいぐるみを主人公に、はっきりした輪郭と
鮮やかな色彩が日本の子どもたちの眼を引き付けました。その中でもダントツの人気をほ
こるのがこの「しろくまちゃんのほっとけーき」です。1972年に発行されてから303万部
を超えるロングセラーになっています。
 幼稚園の年少組で読むと「だれかぼーるをおさえてて」の場面では、何人かが前に出て
きて絵本のぼーるを抑えようとしてくれます。しろくまちゃんとこぐまちゃんが一緒にホ
ットケーキを食べるところでは、絵本に描かれているホットケーキを食べようとします。
また、しろくまちゃんが冷蔵庫から卵を取ろうとして落としてしまう場面を真似して困る
という話も聞きます。それはまさに読み手は、絵本の世界に入り込み、主人公や主人公の
友だちになって、行動を共にしようとしているわけです。
 幼い読者は、物語を耳で聞いて、絵という文字を読みながら、絵本の中に自由に入り込
みます。そして主人公たちと一緒に、ハラハラドキドキしたり、楽しくなったり悲しくな
ったり、心を動かしているのです。このことによって人の気持ちがわかったり、人の痛み
も経験しているのです。絵本の醍醐味がここにあると思います。

 (吉井康文・こぐま社前社長)