れんらく帳

<申込受付終了>音楽家・大友良英さんと「音楽であそぼう」ワークショップ

2024年06月25日

★参加申込受付を終了いたしました。たくさんのお申込みをありがとうございました!

音楽家・大友良英さんをお招きして、こどもから大人まで、音の出るものを持ち寄って行う「音楽であそぼう」ワークショップをモリオカえほんの森保育園で行います。

「上手いとか下手に関わらず、音を楽しむ。歌うのが苦手なひとも、リズム感がないと思っているひとも、誰でも音楽はできるんだよ。」と仰るのは、岩手県民なら一度は聞いたことがあるNHKドラマ「あまちゃん」の音楽を担当した、音楽家・大友良英さん。七夕の7月7日は大友さんに教わりながら自由な音楽あそびをおこないます。

涼しい日は園庭で行う予定です。風やどんぐりの木が揺れる音、鳥の声なども聴きながら、音楽が好きな人も苦手な人も、演奏経験がない人も、みんなでいっしょに音楽で遊んでみましょう。

日 時 : 7月7日(日)14:30~16:00 ( 14:00開場 )

場 所 : モリオカえほんの森保育園 ホール ( 涼しい日は園庭 )

        盛岡市本宮荒屋101

ゲスト : 大友良英さん ( 音楽家 )

定 員 : こどもから大人まで30~40名程度

持ち物 : お家にある楽器や音が出るもの。

     (鍋や薬缶、段ボールなど叩いたり擦ったりして音が出るものならなんでもOK!

      もちろん楽器も大歓迎。演奏経験は一切問いません。)

参 加 : 無料

申込み : 下記URLよりお申し込みください。
https://forms.gle/QAFJVQuUmcxe18U88

企 画 : 森のシューレ企画室

協 賛 : 株式会社みんなのみらい計画

音楽家 大友良英

ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/映画音楽家/プロデューサー

1959年横浜生まれ。十代を福島市で過ごす。即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がけ、その数は100作品を超える。

障がいのある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力を入れ、2011年の東日本大震災を受け福島で様々な領域で活動をする人々とともにプロジェクトFUKUSHIMA! を立ち上げたり、札幌国際芸術祭の芸術監督を務めるなど音楽におさまらない活動でも注目される。

連続テレビ小説『あまちゃん』、大河ドラマ『いだてん』などの音楽を担当し、岩手が舞台の映画『影裏』(監督:大友啓史  原作:沼田真佑)の劇伴を手掛けるなど岩手と縁が深い。

森のシューレ

「 シューレ ( schule ) 」とはギリシャ語で「精神を自由に使う」という意味の言葉で、ドイツ語の「 Schule(= 学校) 」の語源になった言葉と言われています。

森のシューレ企画室はモリオカえほんの森保育園等の建物の設計を手掛けたatelier meieが中心となり、内容によってメンバーや場所をかえながら、教室を持たない’まなびや’、森のなかの’あそびば’のような、そんな 場所をイメージしながら不定期でイベントを開催しています。


詳細はこちら

れんらく帳